憂鬱なくして成長なし


皆さまこんにちは。

SSゼミナール寝屋川校教室長の原田です。

 

突然ですが、皆さまには悩みはありますか?

誰しも一つや二つくらいは、人には言えない悩みや昔から抱えているコンプレックスというものがあるかと思います。

子どもであってもそれは同じで、周りから見れば大したことではないようなことでも本人からすれば大問題。

そのことを考えるだけでも夜も眠れなくなったり、食欲がなくなったり、見るからに元気がない表情になっている子もいます。

 


悩みがあるって悪いこと?

 

今寝屋川校では夏前の3者面談を行っていますが、終始にこやかな面談もあれば、途中で泣き出しそうになる子も中にはいるわけです。

 

そんなときに思うんですね、

悩みがない=良いこと

悩みがある=悪いこと

なのかな?と

 

これが「551」なら、

あるとき=ワッハッハー(良いこと)というのは明白ですが、「悩み」であればどうでしょうか?

 

例えば、こんな子がいるとします。

テストの成績も自分なりに納得いく結果も出してる。部活や学校生活も楽しんでる。家庭内の雰囲気も別に悪くない。特に悩みもなければ、コンプレックスもない。毎日それなりに楽しく幸せに生活はしてるが、逆に涙が出るほど感動することや、握りこぶし爪が突き刺さるほどの悔しさを感じることもない。

 

一方、こんな子もいるとします。

テストでは高い目標を掲げて努力するもなかなかその壁が越えられない。

それが原因でストレスがたまり、ちょっとお母さんにあたってみたり、「自分は才能がないのかな?」と気持ちが折れかける日もある。でもそのたびに振り返って改善し、次こそは!と再び立ち上がろうと、もがいている。

 

前者、後者どちらが幸せか?それは人それぞれのお考えがあるかと思いますが、「どちらが成長しているか?」という視点で見たときに答えは明らかではないでしょうか?

 

悩みは自分の理想と現実との間にギャップがあるからこそ、起こるものです。

現状に満足していれば悩みなんてないはず。

 

ということは、

悩みがある=成長意欲がある

という見方もできるのではないでしょうか。

 

「大事な試合前は必ずお腹が痛くなる」

といえばネガティブに捉えられがちですが、それだけ本気で勝ちたいと思ってる証拠。

 

私は大学受験で一度目は失敗してますが、正直不合格通知を見たときはそんなに落ち込みませんでした。理由は簡単で、そこまで真剣に取り組んでなかったからです。

 

浪人のときは違いました。

熱は出る、夜は眠れない、心臓はずっとバクバクとそんな状態。それだけ本気で受かりたいと思ってたからです。

 

そういうふうに考えると、

悩みがあるということは決して悪いことばかりではないんじゃないかなと私は思います。


悩んでる子に対して何ができるか?

 

では、そんな子に対して、我々周りの大人はどんな接し方をすればいいのか。

 

これは私の考えですが、

こけないように支えるのではなく、こけたとしても自分で立ち上がれるようにしてあげるのが大事だと思ってます。

 

つまり、失敗しないように悩みの種となりうるものは事前にこちらで全部取り除いてやるのではなく、どんどんトライさせて失敗から多くを学ぶような環境や雰囲気をつくってやる。

 

もちろん塾としてお金をいただいてやってることなので、最初から不合格を目指すようなそんなマネはしないですが笑

 

あ、このやり方でやってたら失敗するやろなーというのは見てたらある程度分かりますが、本人が納得していないのに無理矢理強制したり、本人に考えさせずに全部大人が整えてあげるのはその場はしのげても必ず後々壁にぶつかると思うのです。

 

なので具体的に私が大切にしていることは、

①本音を聞く

意外と子どもは大人が求める答えを言わなきゃと思ってます。あなたはぶっちゃけどう思うの?という問いかけが大事。

 

②ありのままを受け入れる

こんなん言ったら怒られる/見放されると子どもに思わせたら負け。信頼できない大人は一瞬で見抜かれます。挑戦体質をつくるためにも心理的な安全は身近な大人が用意してあげる必要があります。

 

③最後は自分で決めさせる

悩みや想いをしっかり聞いた上で、その解決策や捉え方の選択肢を提示したり(例:こんな考えもあると思うけどどう思う?)、ともに寄り添い一緒に考えた上で、最終的には本人が決断することが大事だと思っています。

 

こういったことは普段から意識して向き合っています。


今日は”悩み”についてあれこれ書かせていただきましたが、私も日々悩むことも多いので偉そうなことは言えませんが、

 

私も一人の挑戦者として、大人こども関わらず悩みながらもがきなからそれでも前に進もうとする人は無条件に応援したいですね。

わたくし原田はこれからもがんばる人を応援します。

⇡生徒に色々言う前に自分は闘っているのか?と教室の壁から訴えかけてくる岡本氏(ちょっと怖い笑)
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今日も一日、スペシャルな時を。
Peace,Unity,Love,and Having fun!

個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F

Line@「@rys6885n」で検索

 

※ただいま体験授業、夏期講習受付中!

勉強や受験に関するご相談だけでも大歓迎!(強引な勧誘は致しませんのでご安心ください)

お問い合わせはお電話かLine@でも承っております。