中学時代の恩師との再開


皆さまこんにちは。

SSゼミナール寝屋川校の原田です。

 

先日、一本の電話が鳴りました。

聞き覚えのある声と口調。

相手はなんと私が中学時代に通っていた塾の塾長、通称Mさんから。

 

Mさんはその後も塾を続けていたそうなんですが、

この度奥様の体調不良等の理由もあり、塾をたたむことになったとのことで、

残っている教材で必要なものがあればあげるよ、という趣旨のお電話でした。

 

最後にあったのは中学卒業時だったので、約15年ぶり。

その声を聞いて当時の思い出が一気に吹き出しましたね笑

 


塾長M氏とは

 

Mさんはいわゆる地域の個人塾の塾長で、

「先生」と呼ばれることが嫌いなのか、生徒保護者からは「Mさん」という愛称で親しまれていました。

いわゆる利益度外視の典型的な教育マンで、当時は机を蹴り上げたり怒声を吐いたりすることもありましたが、

そのユニークなキャラクターから塾生だけでなく塾外生からも愛される傑物でした。

 

どこの出身かも分からない(絶対教えてくれない)、その独特な訛りから発するその口調は、

当時の中学生からすれば非常に“イジり”甲斐のある方で、よくモノマネをしたり、からかったりと、相当な(それはそれは相当な)無礼も働いたかと思います。

しかし、我々生徒への向き合い方が真剣だということは皆分かっていたので心の底ではリスペクトというか、敬意の気持ちがありました。

 

先日、ご自宅にもお招きいただき、懐かしい話に花を咲かせました。

当時のお話やその後の話、お互いの近況報告などなど。

体の衰えは隠せないものの、教育の話になるとヒートアップ。まぁ止まらない笑

教育熱はいまだ現役でした。

 

当時は私も寝屋川で塾をやるなんてこれっぽっちも思っていませんでしたので、

このようなかたちで再開できたことに非常に感慨深い気持ちになりました。

 

今でも当時のことは鮮明に覚えていて、私の学生時代の思い出の中でもこの塾での経験は非常に大きなものでした。

同じ塾に通っていた友人と会うと必ずMさんの話題が出るほど強烈な印象を残しています。

 

逆に言えば、中学生や高校生という多感な時期をともに過ごすということは良くも悪くも大きな影響を及ぼす可能性があることなんだなと身を持って感じます。

 

教育というのはそれが良かったのか悪かったのか、真の意味で結果が分かるのはその子たちが大人になってからだと思います。

なので、今の自分の教育が生徒たちの将来にとってどこまでプラスになっているかは分かりませんが、私にとってのMさんのように、いつまでも良い思い出となれたらいいなと思っています。


Mさんの特別授業開催!?

 

そんなM氏のご厚意で、

なんとこの度SSゼミナール寝屋川校で理科の実験をしていただくことになりました!

(私が無理やりお願いしたわけではありませんよ笑)

 

「ちゃんと次の定期テストの範囲に沿っていて、成績アップに役立つ。」

「しかも実験や理科自体に興味がわくような鉄板ネタだから安心して。」

とそこまで期待値上げていいの!?笑 という内容です。

 

今回は中3生対象ですが、

興味のある方はぜひご連絡ください!

 

また詳細が決まり次第、Line@等でお伝えしますが、

今のところ6/22(土)を予定しています。

(急遽変更になる可能性もございます)

 

中学時代の塾の先生が理科の実験をしてくれるということで、

個人的には生徒以上に楽しみにしている私です笑

 

最後にMさんから私が中学卒業の時にいただいた言葉を。当時はその意味が分かりませんでしたが何故かその言葉は未だに忘れずに残っています。

今日はその言葉で締めくくりたいと思います。

「研鑽こそが道を拓く」

 

Mさんありがとうございます!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
今日も一日、スペシャルな時を。
Peace,Unity,Love,and Having fun!

個別指導塾SSゼミナール寝屋川校
TEL: 072-829-9009
大阪府寝屋川市池田新町6-17 2F

 

Line@「@rys6885n」で検索

 

※ただいま体験授業、夏期講習受付中!

勉強や受験に関するご相談だけでも大歓迎!

お問い合わせはお電話かLine@でも承っております。