「”塾のおかげ”で”先生”のおかげで」という言葉に喜んではいけない


皆さまこんにちは。SSゼミナール寝屋川校の原田です。

世間ではセンター試験が終わり、受験の世界ではクライマックスを迎えました。

SSゼミナール寝屋川校でも私立中学受験を終えた生徒や、

受験に向けて意気込んでいる生徒など否が応でも受験を意識せざるを得ない雰囲気です。

 

受験期=生徒が爆発的に伸びる時期

受験が近づく=卒業が近づくという意味でもあります。

例年秋から冬にかけて、今まで伸び悩んでいた生徒が一気に成長する瞬間があり、

今年も生徒の急成長に驚かされています。

 

「先生のおかげで〇〇できた」という言葉に満足していてはいけない

こんな私でも、生徒や保護者様から

「先生のおかげで〇〇できるようになった」という言葉や

「この塾のおかげで〇〇」という言葉をいただくこともあるのですが、

勿論嬉しい気持ちはありますが、

それで喜んでいてはいけないなと思います。

 

「”自分の力”でやりきった」と思わせることに意味がある

〇〇のおかげで、自分が成長できたという言葉には他者への感謝の意味合いが含まれており、

それはそれで非常に喜ばしいことではありますが、

 

私たちが目指すべきは「自分の力でやりきった」という経験です。

 

ゴールは自立

受験がゴールであれば、受かればOK

点数上げればOK

ということになりますが、私たちはそこを目指しているわけではありません。

 

塾に通っていたときは成績上がったけど、辞めたら(卒業したら)全く成長がない。とか、

受験はうまくいったけど、勉強以外のことで困難にぶちたったときに自分の力で乗り越えられない。

というのでは少し寂しいですよね。

 

私たちの役割は「自信をつけること」

私たちの役割は成績を上げることではなく、自信をつけることだと思っています。

勉強ができない、というだけで「自分はダメな人間」というレッテルを自分自身で植え付けてしまっている生徒を多く見てきました。

今勉強している内容が将来どれだけ役に立つかは正直分かりません。

 

しかし、自分の力でやり切った、という想いがあれば、自信がつきます。

そういった意味でまだ役に立てることがあるのではないかなと思っています。

 

無料受験相談実施中です

ただいまSSゼミナール寝屋川校では無料受験相談会を実施しています。

・志望校が決まらない、決め方が分からない。

・なかなか成績が上がらず困っている

・「勉強しなさい!」が口癖になって親子ケンカばかりしてる

 

そういったお悩みがあれば是非お気軽にご相談ください!

お問合せはこちら