【高校受験】受験校のランクを下げて上位を狙うべきかそれとも、がんばってレベルの高い高校に挑戦すべきか


皆さまこんにちは。SSゼミナール寝屋川校の原田です。

受験期が近くなり、志望校どうするか迷われている方も多いのではないでしょうか。

 

合格できるか不安だから受験校のランクを下げるべき?

例えばこんなケース

もともとA高校(偏差値60)を受けさせたかったけど、実力テストの結果や五ツ木模試の結果があまりよくなくて、ちょっと不安。学校の懇談でも「正直厳しい」と先生に言われたし、一つレベルを下げてB高校を受けさせた方がいいのかしら?

そういったお悩みは毎年聞きます。

今受験生ではないご家庭でも受験の年になると起こりうる話だと思います。

こんな場合皆さんであればどう思いますか?

 

多くの生徒を見てきた塾運営者の立場からお答えさせていただきます。

 

結論、正解はない

結論から申し上げると、正解はありません。

生徒の状況やご家庭の事情によって変わる部分もあるかと思います。

しかし、ただ一つだけ答えがあるとすれば、、

 

最終的には本人が自分で決めることが大事

決断経験が人を大きく成長させます。

何か特別な事情がない限り、生徒本人がどうしたいのか決断することをおすすめします。

挑戦する場合と、ランクを下げる場合のメリットデメリットや起こりうることを想定したうえで、

本人に選ばせるようにした方がいいでしょう。

 

”本人が決めた感”がないとうまくいかないときに人のせいにする

過去に、本人はランクを下げてB高校に行きたいと言っていたのに、ご両親や学校の先生が説得して難しいA高校を受験することになった生徒がいました。

結果は、難しいとされていたA高校に見事合格。ご両親も先生も本人も大喜び。

しかし、いざ高校生活が始まると、なかなかA高校の勉強のペースについていけず、テストでは欠点を量産。

「だから私あの時B高校に行きたいって言ったのに。。」

その生徒はそう感じていたようです。

 

選択肢を与え、情報を整理したうえで本人に決めさせる

自分で決めさせるのが大事というのは分かった。

とはいえ、全て生徒に委ねて放置するのも不安ですし、無責任だと思われる方もいらっしゃると思います。

なので周りの大人がするべきことはどういう選択肢があるのか、その先に起こりうる未来はどんなものか、など情報を整理し、与えたうえで最終的に本人に決めさせるのがいいと思います。

 

受験校のランクを下げるメリットは?

受験に落ちる心配がなくなる

もちろん、ランクを下げたから絶対受かるというわけではありません。しかし、受かるかどうか分からないという不安はかなり軽減されるでしょう。

 

成績上位に入った方が高校生活に精神的ゆとりがでる

ランクをさげて成績上位で入った方が高校入学後が楽になります。

高校の勉強の難易度やスピードがゆるくなる、という理由と、自分が上位にいるという精神的な理由でゆとりがでます。

 

大学受験で推薦枠を狙いやすくなる

そのまま成績上位をキープし続けられれば大学受験の際に推薦枠を狙いやすくなります。

なので極端な話、自分が1位で入れるようなレベルの高校を選べばその高校の指定する推薦枠から選び放題になる可能性もあるということです。

 

受験校のランクを下げるデメリットは?

受験へのモチベーションが下がる

ランクを下げたということで安心してそのための勉強を怠る生徒もなかにはいます。

ランクを下げることはあっても妥協することに繋がるかもしれないというデメリットが考えられます。

成績上位であることに安心して努力しなくなる

スタートから上位にいることで、自信が過信に繋がってしまうと、努力しなくなってしまうおそれがあります。

また、人は周りの人間に大きく影響されるので、周りのペースに引きずられてしまって努力しなくなるというおそれもあります。

ランクを下げるのは簡単、でもじっくり話し合ったうえで決めましょう

なんでもそうですが、ランクを下げるのは簡単です。

でも本当にそれでいいのか?ランクを下げた場合に起こりうる懸念点は何か?

しっかり親子で話し合ったうえで決めましょう。

 

親子で意見が食いちがう場合は”約束ごと”を決めよう

志望校を決めるにあたり、親と子で意見が食い違う場合もあると思います。

私立か公立か。A高校かB高校か。通信制か。N高のような新たな高校か。などなど。

どうしても譲れない部分(金銭的な面など)があれば仕方がありませんが、

しっかりお互いの考えを話し合ったうえで本人の希望を優先させることになったとします。

 

そういう場合、オススメなのは約束事を決めることです。

 

「あなたが決めたことだからそれでいいけど、

その代わり何があってもこれだけは絶対に守ってね」

 

というような約束事を紙に書いて保存しておきましょう。

ゲームの制限、勉強のこと、バイト、スマホ、内容はなんでもいいと思います。

あれこれ決めるよりは、何か一つに絞って、どんなことがあっても、例外抜きに絶対に守り切るべき約束というようなものが良いと思います。

 

悔いのない選択を

高校受験の場合、志望校を決めるというのは生徒にとって初めての大きな決断です。

受験高によって人生が決まる、というと言い過ぎかもしれませんが、本人にとっては大きな選択となるでしょう。

そして最終的に本人が決めたことであれば悔いは残らないはずです。

 

めちゃくちゃ悩んでもよし、親子げんかになってもよし、

でも最後の最後には納得のいく選択ができるといいですね。

 

無料受験相談実施中です

ただいまSSゼミナール寝屋川校では無料受験相談会を実施しています。

・志望校が決まらない、決め方が分からない。

・なかなか成績が上がらず困っている

・「勉強しなさい!」が口癖になって親子ケンカばかりしてる

 

そういったお悩みがあれば是非お気軽にご相談ください!

お問合せはこちら